鉄道を主とした公共交通ブログ

鉄道を主とした情報を掲載します。

駅の歴史と名所案内 真鶴駅 MANAZURU STATION

駅名 真鶴駅
旧漢字 眞鶴 
よみ まなづる
歴かな まなづる
電報略号 マナ(トミマナ)
事務管理コード △440129
スリーレターコード 
鉄道事業者 東日本旅客鉄道
所属路線 東海道本線
乗入路線 東海道線(JT19)

名所案内票記載事項(国鉄営業局昭和30年4月)
 真鶴岬 汐干狩 ハイキングの好適 3粁 バス10分
 吉浜海水浴場 1.5粁 バス5分
 しとどの窟 源頼朝道跡 真鶴港西海岸 徒歩20分
 三ツ石(笠島) 真鶴岬突端 4粁 徒歩60分

歴史

1922年(大正11)12月21日 国鉄熱海線国府津駅~当駅間の開通と同時に開業。旅客・貨物の取扱を開始。
1924年(大正13)10月1日 熱海線当駅~湯河原駅間が開通。
1934年(昭和9)12月1日 熱海線所属から東海道本線所属に変更。
1970年(昭和45)5月20日 貨物の取扱を廃止。
1972年(昭和47)3月15日 荷物の取扱を廃止。
1977年(昭和52)5月27日 構内の上り線で26両編成の貨物列車のうちの16両が脱線、うち12両が転覆。死傷者はなし。
1981年(昭和56)10月1日 特急「踊り子」の一部列車(上下2本ずつ)が停車開始。
1987年(昭和62)3月31日 貨物の取扱を再開。ただし定期の貨物列車発着はないまま。
1987年(昭和62)4月1日 国鉄分割民営化により、JR東日本JR貨物の駅となる。
1989年(平成1)3月11日 快速「アクティー」の停車駅となり、特急「踊り子」の停車駅からはずれる。
2001年(平成13)11月18日 ICカードSuica」の利用が可能となる。
2003年(平成15)5月31日 当駅からの砕石輸送が終了。
2006年(平成18)4月1日 JR貨物の駅が廃止され、貨物取扱が終了。
2015年(平成27)7月10日 自動改札機を新型に更新。
2016年(平成28)8月15日 改札階とホーム階を結ぶエスカレーターが終日上り運転となる。