鉄道を主とした公共交通ブログ

鉄道を主とした情報を掲載します。

駅の歴史と名所案内 名古屋貨物ターミナル駅 NAGOYA-KAMOTSU TERMINAL STATION

駅名 名古屋貨物ターミナル駅
旧漢字 名古屋貨物ターミナル
よみ なごやかもつたーみなる
歴かな なごやくわもつたーみなる
電報略号 ナタ
事務管理コード 
スリーレターコード 
鉄道事業者 日本貨物鉄道
所属路線 東海道本線
乗入路線 東海道本線    
                                                    

名所案内標記載事項(国鉄営業局昭和30年4月)
 当時未開業。

歴史

1980年(昭和55)10月1日 国鉄東海道本線貨物支線(通称:西名古屋港線)の駅として開業。当時は、笹島駅~西名古屋港駅間の中間駅だった。
1987年(昭和62)4月1日 国鉄分割民営化により、JR貨物が継承。
1995年(平成7)3月6日 カーラックシステムを使用した、新潟貨物ターミナル駅への自動車輸送開始。
1997年(平成9)3月6日 米子駅への自動車輸送開始。
1998年(平成10)3月30日 東海道本線貨物輸送力増強工事により、稲沢駅~当駅間が電化される。当駅構内についても着発線・荷役線の延伸・電化などの改良が行われる。
2001年(平成13)3月31日 当駅以南の西名古屋港線を廃止。
2004年(平成16)10月6日 貨物支線だった西名古屋港線が、名古屋臨海高速鉄道の旅客線(通称:あおなみ線)として旅客営業開始。