鉄道を主とした公共交通ブログ

鉄道を主とした情報を掲載します。

駅の歴史と名所案内 府中本町駅 FUCHUHOMMACHI STATION

駅名 府中本町駅
旧漢字 府中本町
よみ ふちゅうほんまち
歴かな ふちゆうほんまち
所在地
電報略号 フチ(トニフチ)
事務管理コード △441419
スリーレターコード 
鉄道事業者 東日本旅客鉄道
所属路線 南武線
乗入路線 南武線(JN 20)
     武蔵野線(JM 35)
                                                                                 

 

名所案内標記載事項(国鉄営業局昭和30年4月)
 大国魂神社 東0.8粁
 善明寺 国宝阿弥陀仏安置 北0.3粁
 国分寺 北2.7粁
 安養寺 多摩川五番観音 北0.7粁
 高安寺 東0.8粁
 東京競馬場 東0.8粁

 

 

歴史
1928年(昭和3)12月11日 南武鉄道線大丸~屋敷分間の開通時に開業。
1944年(昭和19)4月1日 南武鉄道の国有化により運輸通信省南武線の駅となる。
1962年(昭和37)8月1日 貨物取り扱い廃止。
1973年(昭和48)4月1日 武蔵野線当駅~新松戸駅間開業。同時に中央本線支線(下河原線)国分寺駅東京競馬場前駅間が廃止され、当駅が東京競馬場駅の機能を事実上代替。
1987年(昭和62)4月1日 国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道の駅となる。
2001年(平成13)11月18日 ICカードSuica」の利用が可能となる。
2011年(平成23)4月9日 復活した南武線快速の停車駅となる。当初は3月12日から開始予定だったが、東日本大震災の影響により延期となった。
2011年(平成23)6月24日 平日の快速運転を休止。
2011年(平成23)9月12日 平日の快速運転再開。
2015年(平成27)3月14日 快速運転を立川~川崎間の全区間へ拡大することに伴い、当駅の快速停車は維持されたまま、隣の駅である南多摩駅が快速通過駅になる。
2021年(令和3)11月25日 駅ナカシェアオフィス「STATION WORK」のテレワークブース「STATION BOOTH」が開設。