鉄道を主とした公共交通ブログ

鉄道を主とした情報を掲載します。

駅の歴史と名所案内 新横浜駅 SHIN-YOKOHAMA STATION

駅名 新横浜駅
旧漢字 新横濱 
よみ しんよこはま
歴かな しんよこはま
所在地
電報略号 シヨ(トミシヨ)
事務管理コード △440145
貨物取扱駅コード 
スリーレターコード 
鉄道事業者 東海旅客鉄道東日本旅客鉄道横浜市交通局
所属路線 東海道新幹線横浜線横浜市交通局3号線
乗入路線 東海道新幹線
     横浜線(JH 16)
     横浜市営地下鉄ブルーライン(B25)                                                                               

 

 

名所案内標記載事項(国鉄営業局昭和30年4月)
 当時未開業。

 

 

歴史
1964年(昭和39)10月1日 東海道新幹線開業に伴い横浜線との交点に開業。
1967年(昭和42)10月22日 横浜線菊名駅~当駅間複線化。
1968年(昭和43)2月4日 横浜線の当駅~小机駅間複線化。
1970年(昭和45) 新幹線のホームが16両対応に延伸される。
1976年(昭和51)7月1日 「ひかり」停車駅となる。
1985年(昭和60)3月14日 横浜市営地下鉄3号線が横浜駅から延伸開業。市営地下鉄の終着駅となる。
1987年(昭和62)4月1日 国鉄分割民営化により、新幹線はJR東海横浜線JR東日本の駅となる。
1988年(昭和63)3月13日 横浜線に快速が設定され、その停車駅となる。
1992年(平成4)3月14日 新幹線に「のぞみ」が新設され、停車駅となる。
1993年(平成5)3月18日 横浜市営地下鉄3号線があざみ野駅まで延伸開業。
1998年(平成10)10月3日 改装工事が完了。横浜線の北口改札階が1階の新幹線の隣からみどりの窓口の上に移転する。同時に新幹線・横浜線改札口に自動改札機を導入し、イオカードが使用できるようになる。
2000年(平成12) 関東の駅百選に選定される。
2001年(平成13)11月18日 JR東日本ICカードSuica」の利用が可能となる。
2002年(平成14)6月 FIFA(国際サッカー連盟)主催2002 FIFAワールドカップに合わせ、新横浜始発東京行き「こだま」の設定など、深夜帯におよぶ列車の増発なども行われた。
2008年(平成20)3月15日 すべての「のぞみ」・「ひかり」が停車するようになり、東海道新幹線の全営業列車が停車することとなった。同時に、当駅始発の広島行き「ひかり」設定。
2014年(平成26)7月10日 横浜市営地下鉄の発車メロディが横浜F・マリノスの応援歌「We are F・Marinos」に変更。
2015年(平成27)7月18日 横浜市営地下鉄に快速が設定され、停車駅となる。
2018年(平成30)3月1日 東海道新幹線の全ての乗り場にホームドアが設置され、供用開始。
2021年(令和3)11月3日 横浜線で従来型ホームドアの使用を開始。