鉄道を主とした公共交通ブログ

鉄道を主とした情報を掲載します。

駅の歴史と名所案内 坂上駅 SAKAKAMI STATION

駅名 坂上駅
旧漢字 坂上
よみ さかかみ
歴かな さかかみ
発音 サカカミ
所在地 岐阜県飛驒市宮川町林
駅番号 
電報略号 サミ(ナコサミ)
事務管理コード △530433
貨物取扱駅コード 
マルス入力コード ナコサミ
マルスカナコード サカカミ
鉄道事業者 東海旅客鉄道株式会社
所属路線 高山本線
乗入路線 高山本線
キロ程 高山本線 岐阜起点 166.6km
     

 

 

名所案内標記載事項(国鉄営業局昭和30年4月)
 坂上スキー場 西南1粁
 

 

歴史
1933年(昭和8)11月12日 国有鉄道飛越線の駅終着駅として開業。旅客・貨物営業を開始。一般駅。
1934年(昭和9)10月25日 飛騨小坂駅から高山駅を経由し当駅に至る区間が開業し、高山線と飛越線が一体となり高山本線となった。
1969年(昭和44)8月1日 貨物の取扱を廃止。
1972年(昭和47)11月1日 業務委託駅となる。
1984年(昭和59)2月1日 荷物の取扱を廃止。
1985年(昭和60)4月1日 無人駅化。
1987年(昭和62)4月1日 国鉄分割民営化により、東海旅客鉄道の駅となる。
1996年(平成8)11月 駅舎を改築。
2002年(平成14) 第4回「中部の駅百選」に選定される。
2004年(平成16)10月22日 台風23号の災害により、当駅を含む飛騨古川駅~猪谷駅間が不通となる。
2007年(平成19)9月8日 角川駅~当駅~猪谷駅間の復旧により全区間復旧、当駅の営業が再開。
2018年(平成30)7月5日 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)での災害に伴い、当駅を含む飛騨古川駅~猪谷駅間が不通。
2018年(平成30)7月14日 飛騨古川駅~当駅間での運行を再開。当駅~猪谷駅間でのバス代行輸送を開始。
2018年(平成30)11月21日 当駅~猪谷駅間での運行を再開。


 

駅の歴史と名所案内 角川駅 TSUNOGAWA STATION

駅名 角川駅
旧漢字 角川
よみ つのがわ
歴かな つのがは
発音 ツノガワ
所在地 岐阜県飛驒市河合町小無雁
駅番号 
電報略号 ツノ(ナコツノ)
事務管理コード △530432
貨物取扱駅コード 
マルス入力コード ナコツノ
マルスカナコード ツノガワ
鉄道事業者 東海旅客鉄道株式会社
所属路線 高山本線
乗入路線 高山本線
キロ程 高山本線 岐阜起点 161.7km
     

 

 

名所案内標記載事項(国鉄営業局昭和30年4月)
 記載なし。
 

 

歴史
1934年(昭和9)10月25日 高山本線飛騨小坂坂上駅間開通と同時に開業。旅客及び貨物の取扱を開始。
1973年(昭和48)4月20日 貨物の取扱を廃止。
1985年(昭和60)4月1日 無人駅(簡易委託駅)となる。
1987年(昭和62)4月1日 国鉄分割民営化により、東海旅客鉄道の駅となる。
2004年(平成16)10月22日 台風23号の災害により休止。高山駅~猪谷駅間(のち飛騨古川駅~猪谷駅間に変更)でバス代行実施。
2005年(平成17)10月1日 飛騨古川駅~当駅間で運転再開。列車は当駅止まりとされ、代行バスは当駅~猪谷駅間に変更。
2007年(平成19)9月8日 当駅~猪谷駅間で運転再開。これに従い、高山本線は全線で復旧。また、当駅の構内では旧下りホーム側のレールが撤去され、ホームも閉鎖。これにより、列車交換が不可能な事実上の棒線駅となった。
2011年(平成23)3月 簡易駅舎に改築。使用停止していた跨線橋も撤去。


 

駅の歴史と名所案内 飛騨細江駅 HIDA-HOSOE STATION

駅名 飛騨細江駅
旧漢字 飛騨細江
よみ ひだほそえ
歴かな ひだほそえ
発音 ヒダホソエ
所在地 岐阜県飛驒市古川町袈裟丸
駅番号 
電報略号 ヒホ(ナコヒホ)
事務管理コード △530431
貨物取扱駅コード 
マルス入力コード ナコヒホ
マルスカナコード ヒダホソエ
鉄道事業者 東海旅客鉄道株式会社
所属路線 高山本線
乗入路線 高山本線
キロ程 高山本線 岐阜起点 156.0km
     

 

 

名所案内標記載事項(国鉄営業局昭和30年4月)
 記載なし。
 

 

歴史
1934年(昭和9)10月25日 高山本線の飛驒小坂~坂上間開通と同時に開業。旅客及び貨物の取扱を開始。
1969年(昭和44)7月21日 貨物の取扱を廃止。
1969年(昭和44)10月1日 委託管理駅になる。
1985年(昭和60)4月1日 無人駅化。
1987年(昭和62)4月1日 国鉄分割民営化により、東海旅客鉄道の駅となる。


 

駅の歴史と名所案内 杉崎駅 SUGISAKI STATION

駅名 杉崎駅
旧漢字 杉崎
よみ すぎさき
歴かな すぎさき
発音 スギサキ
所在地 岐阜県飛驒市古川町杉崎
駅番号 
電報略号 サキ(ナコサキ)
事務管理コード △530430
貨物取扱駅コード 
マルス入力コード ナコサキ
マルスカナコード スギサキ
鉄道事業者 東海旅客鉄道株式会社
所属路線 高山本線
乗入路線 高山本線
キロ程 高山本線 岐阜起点 153.6km
     

 

 

名所案内標記載事項(国鉄営業局昭和30年4月)
 記載なし。
 

 

歴史
1952年(昭和27)12月25日 高山本線の飛騨古川~飛騨細江間に、杉崎(すぎざき)仮乗降場として開業。
1955年(昭和30)10月15日 駅に昇格。杉崎(すぎさき)駅となる。旅客営業のみ。
1956年(昭和31) 駅舎完成。
1987年(昭和62)4月1日 国鉄分割民営化により東海旅客鉄道の駅となる。


 

駅の歴史と名所案内 飛騨古川駅 HIDA-FURUKAWA STATION

駅名 飛騨古川駅
旧漢字 飛騨古川
よみ ひだふるかわ
歴かな ひだふるかは
発音 ヒダフルカワ
所在地 岐阜県飛驒市古川町金森町
駅番号 CG28
電報略号 ヒフ(ナコヒフ)
事務管理コード △530429
貨物取扱駅コード 
マルス入力コード ナコヒフ
マルスカナコード ヒダフルカワ
鉄道事業者 東海旅客鉄道株式会社
所属路線 高山本線
乗入路線 高山本線
キロ程 高山本線 岐阜起点 151.3km
     

 

 

名所案内標記載事項(国鉄営業局昭和30年4月)
 高原峡 峡畔船津まで23粁
 おこし太鼓祭(気多若宮神社) 4月19日、20日 1粁
 

 

歴史
1934年(昭和9)10月25日 高山本線飛騨小坂駅坂上駅間開通と同時に開業。旅客および貨物の取扱を開始。
1984年(昭和59)1月10日 貨物の取扱を廃止。
1987年(昭和62)4月1日 国鉄分割民営化により、東海旅客鉄道の駅となる。


 

駅の歴史と名所案内 飛騨国府駅 HIDA-KOKUFU STATION

駅名 飛騨国府駅
旧漢字 飛騨國府
よみ ひだこくふ
歴かな ひだこくふ
発音 ヒダコクフ
所在地 岐阜県高山市国府町広瀬町
駅番号 
電報略号 コク(ナココク)
事務管理コード △530428
貨物取扱駅コード 
マルス入力コード ナココク
マルスカナコード ヒダコクフ
鉄道事業者 東海旅客鉄道株式会社
所属路線 高山本線
乗入路線 高山本線
キロ程 高山本線 岐阜起点 147.6km
     

 

 

名所案内標記載事項(国鉄営業局昭和30年4月)
 荒城(あらき)神社 国宝本殿 途中三休瀑魚返瀑(さんきうばくぎよへんばく)の奇勝あり 東4粁
 安国寺 臨済宗妙心寺派 国宝経蔵 東3粁
 宇津江四十八滝 天然記念物 西6粁
 

 

歴史
1934年(昭和9)10月25日 高山本線の飛驒小坂駅~坂上駅間開通と同時に開業。旅客及び貨物の取扱を開始。
1973年(昭和48)4月20日 貨物の取扱を廃止。
1985年(昭和60)6月1日 無人駅化。簡易委託開始。
1987年(昭和62)4月1日 国鉄分割民営化により東海旅客鉄道の駅となる。
2007年(平成19)4月1日 簡易委託廃止。


 

駅の歴史と名所案内 上枝駅 HOZUE STATION

駅名 上枝駅
旧漢字 上枝
よみ ほずえ
歴かな ほづえ
発音 ホズ
所在地 岐阜県高山市下切町
駅番号 
電報略号 ホエ(ナコホエ)
事務管理コード △530427
貨物取扱駅コード 5643
マルス入力コード ナコホエ
マルスカナコード ホズ
鉄道事業者 東海旅客鉄道株式会社
所属路線 高山本線
乗入路線 高山本線
キロ程 高山本線 岐阜起点 141.0km
     

 

 

名所案内標記載事項(国鉄営業局昭和30年4月)
 千光寺 真言宗 天然記念物五本杉あり 東北6粁
 

 

歴史
1934年(昭和9)10月25日 高山本線飛騨小坂駅坂上駅間開通と同時に開業。旅客及び貨物の取扱を開始。一般駅。
1971年(昭和46)2月16日 荷物扱い廃止。無人駅となる。
1982年(昭和57)3月1日 貨物の取扱を高山の側線扱に変更。石油の発着があり側線で取り扱っていた。実際に廃止となったのは1995年。
1987年(昭和62)4月1日 国鉄分割民営化により、東海旅客鉄道の駅となる。