鉄道を主とした公共交通ブログ

鉄道を主とした情報を掲載します。

駅の歴史と名所案内 分倍河原駅 BUBAIGAWARA STATION

駅名 分倍河原
旧漢字 分倍河原
よみ ぶばいがわら
歴かな ぶばいがはら
所在地
電報略号 フイ(トニフイ)
事務管理コード △441420
スリーレターコード 
鉄道事業者 京王電鉄東日本旅客鉄道
所属路線 京王電鉄京王線・JR南武線
乗入路線 南武線(JN 21)
     京王線(KO 25)
                                                                                 

 

名所案内標記載事項(国鉄営業局昭和30年4月)
 記載なし。

 

 

歴史
京王電鉄
1925年(大正14)3月24日 玉南電気鉄道の屋敷分(やしきぶん)駅が開業。
1926年(大正15)12月1日 合併により京王電気軌道の駅となる。
1929年(昭和4)3月12日 南武鉄道との連絡のため移転。
1929年(昭和4)5月1日 分倍河原駅に改称。
1944年(昭和19)5月31日 陸上交通事業調整法による戦時合併により東京急行電鉄(大東急)の駅となる。
1948年(昭和23)6月1日 東急からの分離独立により京王帝都電鉄(現:京王電鉄)の駅となる。
2001年(平成13)3月27日 ダイヤ改定により準特急が新設され、準特急停車駅となる。
2007年(平成19)3月18日 ICカードPASMO」の利用が可能となる。
2013年(平成25)2月22日 ダイヤ改正により特急停車駅となり、全列車停車駅となる。
2018年(平成30)2月22日 ダイヤ改正により下り京王ライナーが新設され、停車駅となる。当駅からは座席指定券なしで乗車可能。
2019年(平成31)2月22日 ダイヤ改正により上り京王ライナーが新設され、停車駅となる。上りでは座席指定券が必要となる(下りは引き続き座席指定券不要)。
2019年(平成31)4月12日 この日限りで定期券うりばの営業を終了。

国鉄・JR
1928年(昭和3)12月11日 南武鉄道線(現・南武線)が大丸停留場から延伸開業、その終着駅として屋敷分駅が開業。
1929年(昭和4)12月11日 南武鉄道線が立川駅まで開通。
1929年(昭和4)12月下旬 分倍河原駅に改称(正確な日付は不明)。
1944年(昭和19)4月1日 南武鉄道線が改正陸運統制令に基づく戦時買収により国有化され、運輸通信省南武線の駅となる。貨物取扱廃止。
1966年(昭和41)9月30日 稲城長沼~谷保間複線化完成。現下りホーム新設(使用開始の日付は不明)。
1987年(昭和62)4月1日 国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道の駅となる。
2001年(平成13)11月18日 ICカードSuica」の利用が可能となる。
2011年(平成23)4月9日 復活した南武線快速の停車駅となる。当初は3月12日から開始予定だったが、東日本大震災の影響により延期となった。
2011年(平成23)6月24日 平日の快速運転を休止。
2011年(平成23)9月12日 平日の快速運転再開。